0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

商売がんばってまっせ

こだわりのうどん 麺で勝負「手打ちうどん ひだりうま」原 康弘・ちさとさん(茨木)

2018.01.12

 

 

 

 

 

 

縁起物ひだりうまの屋号で開業

「手打ちうどん ひだりうま」は2015年3月に開業しました。奥さんとアルバイトの方と3人で経営しています。

 原さんは将来は自分の店が持ちたいと思い、和食を中心に調理経験20年、手打ちうどんの店で4年間修行して、手打ちうどん店を開業しました。昼はランチセット7種類をメインに、周辺で働く方や地域の住民に提供しています。うどんと共にビタミンが普通のたまごの30倍の卵を使用し、鶏肉も毎日仕入れるなど「新鮮さと味」にこだわっています。夜は、居酒屋風で、憩いの場として、手打ちうどんと料理とともに地方名産のお酒も提供しています。

 屋号の「ひだりうま」は、「馬」の字を左右逆に書いた文字で縁起物とされています。「うま」を逆読んで「まう(舞う)」が、古来めでたい席で催されるからとも、「馬」の下の部分を財布の巾着に見立てて、お金がたまるらかといういわれもあり、「お客さんに美味しく味わっていただき、くつろぎ幸せになってほしい」とこの屋号に決めました。

 

お客さんの口コミで人気店に

 手打ちうどんづくりは、伝統的な讃岐うどんの手法を守っています。何度も何度も練ることと、足踏みして1日半寝かすことで、もっちりとしたのびやかなコシが生まれます。茹でおきは一切せず、いつでも湯がきたてを提供します。出汁は真昆布と鰹、メガラシ、ウルメ、サバの4種の節でとり、無添加天然素材にこだわります。手打ちうどんをより多くの人に味わっていただくために努力と工夫をかさねています。

 お店は、JR茨木駅から7~8分の路面店と会社、住宅の密集した地域にあります。数年後にはJRに地下道が開通予定で、お店へのアクセスがさらに良くなり駅の反対側にある大学の学生など新しい集客が見込める立地です。

開業時には宣伝をしなかったのでなかなかお客が増えませんでしたが、うどんの味にこだわりをもったお客さんが来てくれるようになりました。お客さんの要望でメニューを増やしながら、口コミで広げてもらっています。開店して1年を過ぎた頃からメディアにも数回取り上げられ、近所の人が「近くにこんなにおいしい店があったのか」と来店され、さらに広がりました。現在は、昼のお客さんと夜のお客さんが定着しています。

商売がんばってまっせ トップに戻る