0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

商売がんばってまっせ

2018.03.01

先代から引き継ぎ60余年の今も現役 手造りこんにゃく屋の狹川商店・狹川一三さんは、おばさん夫婦が行っていたこんにゃく店に跡継ぎがいなかったので、長崎から大阪へ来て1954年にお店を引き継ぎました。現在は、奥さんと2人でこんにゃ...

続きを読む

2018.01.30

業界の経験を活かし独立 久保さんは、大学時代からアルバイトとしてアパレルショップで働き、卒業後はアパレル業界に就職、20年間の百貨店勤務の経験を活かして独立、セレクトショップを開業して約2年が経ちました。  インターネットでも簡単に服が買え...

続きを読む

2018.01.12

縁起物ひだりうまの屋号で開業「手打ちうどん ひだりうま」は2015年3月に開業しました。奥さんとアルバイトの方と3人で経営しています。 原さんは将来は自分の店が持ちたいと思い、和食を中心に調理経験20年、手打ちうどんの店で4年間...

続きを読む

2017.11.27

     好きなことを仕事に開業までの歩み花と緑のグリーンバレィの代表である伴幸枝さんは、若いころから花屋さんの仕事をすることが夢で、勤めている時から、金剛山などのハイキングや信州への山登りの時には、お花を見つけることを楽しみにしてきました...

続きを読む

2017.11.06

 地域で43年続く自転車店を引き継ぐ加川秀明さんは、1974年に義父の佐藤さんが創業した自転車販売・修理の店を2017年8月に引き継ぎました。加川さんは、もともとは父親の別の事業を行いながら、時間のある時に義父の自転車店の配達や簡単な修理を...

続きを読む

2017.10.03

 千林商店街の一角で競合店にもまれ八百八・千林福商店は、ダイエーが1957年に、出店した千林商店街の一角にあります。地元の消費者は、価格について厳しく、1円でも安いと他店に行ってしまいます。そこで、徹底的に安売りにこだわり、思い切...

続きを読む

2017.08.30

      梅月堂の味を引き継ぐつぐ3代目梅月堂の上本浩史さんは、お爺さんが大正時代に個店で開業し、その後お父さんが小売市場で開業。浩史さんが1987(昭和62)年に引き継ぎました。小売市場の立ち退きで、4年前から現在の加賀屋一番街商店街で...

続きを読む

2017.08.01

荒研から仕上げまで伝統工芸士として活躍 堺の刃物づくりは、鍛冶(かじ)=鍛造(たんぞう)と、刃付と研磨の両部門が完全に分業しているのが特色です。業務用包丁の割合が高く、全国の約90%以上のシェアーを誇っています。プロ仕様は、家庭...

続きを読む

2017.06.26

      20年の修行を経て夫婦で開業 山丁の松原さんは、大衆中華料理店とホテルで中国料理を20年間修業をして、1993年に柏原市上市で開業されました。手づくりシューマイと中国料理を提供しています。 こじんまりした食堂風のお店ですが、充実...

続きを読む

2017.05.31

仕事に誇りを持ちたい…開業までの歩み 建築専門学校を卒業後に住宅リフォーム会社や外壁塗装工事会社に勤務して、住宅関連の塗装工事のノウハウを取得されて、3年前に独立して三幸ペイントを創業されました。この業界での、二十数年の営業経験を活かして、...

続きを読む