0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

商売がんばってまっせ

誰にも負けない”チーズ愛”「アイチーズ」八尾 泰介さん(西成)

2019.07.03

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなチーズを商売に 思い切って開業

 店主の八尾さんの実家は、天下茶屋で新聞配達店を経営されていました。しかし、年を増すごとに販売店の経営が厳しくなる現状を目の当たりにして、2014年2月に加賀屋商店街にチーズ専門店を開くこととなりました。新規開業の際には、百貨店などでチ-ズを販売している食品卸会社の担当者に海外産チーズの仕入れや店頭での商品展示についてのサポートして頂きました。現在は、7社から仕入れており、チーズの在庫も40~50品目数となっています。

 開業当初は、新規顧客を増やそうと喫茶コーナーを併設しました。ところが、来店客は、チーズを買ってくれず、却ってチーズ購入客への対応がおろそかになり弊害があると思い閉鎖されました。  

 しかし、店頭販売だけでの売上高は、一向に伸びず財政的に苦境に立たされて、乗り切っていくためのに、ネットショッピングを始めました。その結果、ネット通販サイトからの売上は、漸増傾向で推移しており、直近の売上比率は、70~80%となり店頭販売額を凌駕するに至りました。

 

年々増加する日本のチーズ消費量

 チーズは加工度の低いナチュラルチーズと、加工済みのプロセスチーズに分かれます。チーズは生産地の気候風土、乳質、製法などにより様々なタイプがあり、世界には1000種類を超えるナチュラルチーズがあります。

 また、プロセスチーズは、長期保存が可能で、何種類かの異なったナチュラルチーズに乳化剤を加え、加熱殺菌により製造されます。プロセスチーズの原料にも使うナチュラルチーズの2017年度の輸入は266980トンと、前年に比べ8.3%増えています。

 チーズなどの乳製品は大豆やトマトと並び、食後血糖値の上昇幅がゆるやかな低GI値の代表的な食品です。美肌、腸内環境整備、ストレスの緩和などチーズには健康効果があり、健康志向の高まりに加え、消費者が自宅でお酒を楽しむ『家飲み』の増加も消費拡大につながっています。

 

 

 

商売がんばってまっせ トップに戻る