消費税・複数税率
特設ページ

0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

消費税・複数税率 特集ページ

消費税10%で納税が大変になり、複数税率で記帳や請求書等の実務負担も増大です。免税業者も仕入・経費が値上がり経営ピンチに。
民商は学習会や相談会を開催し、みんなで知恵を出し合い、消費税につぶされない対策をすすめています。民商で消費税から商売を守りましょう。

8%?10%?線引き大変

複数税率によって記帳や請求書等に税率別の記載が必要になります。区分経理の帳簿がなければ、仕入税額控除が否認される危険も。税率8%と10%の線引きも複雑で、業者の実務負担は膨大です。

消費税・複数税率 8%?10%?線引き大変

申告が一気に複雑化

今年分の申告は、1~9月の旧8%と10月からの新8%・10%の3つの税率に分けて計算が必要になります。中小業者向けの特例もありますが、税率ごとの記帳が前提で、早めの申告準備が大切です。

消費税・複数税率 申告が一気に複雑化

免税業者も負担ズッシリ

インボイス制度の導入で、 領収書等に「登録番号」の記入がないと、 その分は消費税の納税額から控除できなくなります(2023年10月~)。
「登録番号」は課税業者にのみ交付されるため、売上1千万円以下の免税業者は課税業者になるか、取引から排除される事態になります。

消費税・複数税率 免税業者も負担ズッシリ

民商で商売守ろう

1人で悩まず民商の班会・学習会で対策をたて、経営交流を強めて、一緒に苦境を乗り切りましょう。記帳・決算も民商でサポート。商売を数字でつかめれば資金繰り・経営に役立ち、消費税から商売を守る力になります。

5%に引き下げろ!

消費税・複数税率 5%に引き下げろ!

軽減税率
Q&A

学習会・相談会
一覧

署名用紙は
コチラ

お問い合わせはこちら