0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

商売がんばってまっせ

サイクルライフをサポート「中崎輪業」正田 一貴さん(北区)

2019.01.08

 

 

 

 

 

 

 

自転車好きが高じて開業 

 お店は、地下鉄中崎町の交差点から北へ4分にあります。中崎町は、若者から年配、旅行客まで幅広くの方に人気のエリアで古民家を改装したお洒落でレトロなお店も多く、バイク愛好家も多く住んでいます。店頭には、自転車が展示され、希望があれば試乗することが可能です。

 創業のきっかけは、学生時代に先輩にツーリングに誘われ、和歌山、四国から岡山を廻り、すっかりその魅力に虜になったことです。大学卒業後は、本業の傍ら、アルバイト感覚で自転車店の仕事を手伝ううちにお店に勤めることとなり、2年前の11月に開業にこぎつけました。地道な努力が実って常連客も増えており安定した経営が見込めるようになってきました。

 

健康ブームなど需要が広がる自転車

 平成29年の国内新車販売台数は約767万台。⼩規模店及び中規模店での販売台数は約62万台(8.1%)と推計されます。府下での店舗数は910店。店主の高齢化や後継者難、技術者不足で5年前より200店超、減少してきています。

 東京オリンピックの自転車競技では、BMXのフリースタイルパーク種目が追加され、日本選手のメダルも期待されています。更に「健康ブームで自転車に乗る人が増えている」ため、幼児からお年寄りまで、スポーツバイクに対する関心が高まりつつあります。スポーツ車に限ると、販売台数の伸び率は、10年間で約3.5倍と電動アシスト付き自転車の約1.8倍を凌駕する勢いです。

 

お店とブランドのファンを増やすために

 中崎輪業ではアメリカのブランド「FAIRDALE」(フェアデール)を展開しています。このブランドは、バイクBMX界のレジェンドのタジ・ミヘリックがプロデュースしており、「シンプルさこそが実は自転車の素晴らしいマジックで、夕食の後にゆったりと快適にクルージングを楽しみたい人にむけ、デザインされたバイク」という理念に特徴が集約されています。

 今後もBMXを始めたばかりの初心者からベテランの熟年世代のライダーまで幅広い層の潜在顧客に対して、このブランドイメージを浸透させるため、口コミを活用したファン層の開拓に取り組んでいきます。

 

商売がんばってまっせ トップに戻る