0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

トピックス

学んで交流、ホンネで語り合える民商の青年部

2017.07.14

民商の青年部では若手業者や後継者などが集まって、お互いの商売を交流しながら、経営の疑問や悩みについて学習をすすめています。

茨木民商の青年部は7月8日、司法書士を講師に招き、法人設立の学習会を開催しました。「法人成りを検討する若手業者が増えている」との声から学習会を企画し、「法人と個人で税金や労働保険・社会保険がどうかわるのか?」「経営上の問題は?」などを学びました。参加したとび職の青年は「建設業では社会保険の関係で、元請から法人成りを迫られる動きがある」と発言しました。

堺北民商は毎月、青年部会を開催し、それぞれの商売や業界の実情を交流しています。7月7日に開催した青年部会には、鍼灸院や中古ゲーム機の販売、不動産、内装業の青年が集まり、全国の青年部で取り組んでいる業者青年の実態調査アンケートを記入しました。このアンケートは民商の青年部で、業者青年の営業と暮らしの状況をつかんで、今後の活動や国・自治体などとの交渉に生かすことが目的で取り組んでいます。「堺北民商でも多くの青年部員に書いてもらって、青年部の企画につなげよう」と話し合いました。

 大商連青年部協議会では7月23日(日)午後2時から、「経営学習&交流会」を開催します。若手の経済学者を講師に中小業者をとりまく情勢や国の経済政策について学びます。また、中小業者が大切にされる政治を実現する展望についても深めます。他にも若手業者による商売報告も企画しています。詳しくは→大青協ホームページ

お問い合わせはこちら

0120-22-0000

トピックス トップに戻る