0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

トピックス

2017.09.12

 商売の重要な担い手でもある業者婦人にとって、子どもに関わる時間がなかなかとれないのは大きな悩みです。子どもが一日中家にいる夏休みは、とりわけ気にかかります。 そこで民商婦人部は、子どもたちを集めて宿題を見ることにしました。それがサマースク...

続きを読む

2017.08.31

大阪商工交流会201710月15日(日)AM10:00~PM3:30大阪産業創造館4Fイベントホール利潤第一のマネー資本主義によって、私たちの暮らしから“豊かさ”や“人間性”が奪われています。一方で、新たな経済社会の担い手として“自営業”と...

続きを読む

2017.08.23

<写真>左上「核兵器なくそう女性の集い」国内外から700人参加。  右上「無窮洞(むきゅうどう)」…旧宮村国民学校の生徒たちが掘った防空壕で説明を受けました左下「浦上天主堂」‥旧天主堂のマリア像は原爆で...

続きを読む

2017.08.22

スナックのママさんが、お客さんと話しをしたり、お酌をしたり、カラオケに拍手をしたり…それだけで風俗営業法違反(以下、風営法)としてママさんたちが逮捕され罰金を課せられる事例が全国で相次いでいます。北区民商は「街のオアシス、スナックを守れ」と...

続きを読む

2017.08.02

 大阪商工団体連合会(大商連)や他の団体でつくる大阪市の国保よくする実行委員会は、7月24日に大阪市の福祉局保険年金課と交渉を行いました。「府内統一化への反対」「国保料の引き下げ」「強権的な徴収の中止」をもとめて、22行政区から77人が参加...

続きを読む

2017.07.25

 前回は、中学3年生の子どもを持つ業者婦人に集まってもらいチャレンジテストについて交流しました。今回はその第2弾―中学校給食やSNSについてです。 <メンバー紹介>Hさん(40才/内装業)子どもは4人。下のふたりが中学2年、3...

続きを読む

2017.07.21

大阪市からマイナンバー通知を受け取った事業者など23人が市役所に集まり、預かった分をふくめ126通を大阪市へ返還しました。 この問題は、今年度から住民税の「特別徴収税額決定通知書」に、従業員のマイナンバーが勝手に記載されるというものです。大...

続きを読む

2017.07.14

民商の青年部では若手業者や後継者などが集まって、お互いの商売を交流しながら、経営の疑問や悩みについて学習をすすめています。茨木民商の青年部は7月8日、司法書士を講師に招き、法人設立の学習会を開催しました。「法人成りを検討する若手業者が増えて...

続きを読む

2017.07.10

 2018年4月から全国で新国保制度が始まり、今まで市町村で管理してきた国保財政が都道府県に移ります。大阪府はこれに便乗して、これまで市町村ごとに決められていた国保料を府下統一の国保料にする予定です。問題は、今でも高すぎる国保料がさらに高く...

続きを読む

2017.06.27

★借換えて返済期間を延長 返済額も軽減美容室を経営するYさんは、お店で使うボイラーが故障し購入を迫られました。政策金融公庫(旧国金)で以前借入をしていたこともあり、「新たな借り入れができるどうか」「返済負担がどうなるのか」など疑問や不安を民...

続きを読む