0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

トピックス

アスベスト被害に遭わないために しっかりと対策を

2018.02.16

 アスベストは、髪の毛よりも細かい繊維状で、吸い込むと肺がんや中皮腫などの病気を発症します。断熱性・耐火性に優れていることから様々な用途で使われました。過去に仕事でアスベストを扱った、または吹き付けられた現場で作業をした人は、病気が発症しないか大変心配です。

 また、生産が中止された今も、あらゆるところにアスベストが残っています。とくに断熱のためにアスベストを吹き付けられた建物は、老朽化が進み、これからは解体工事も増えてきます。これからのアスベスト被害に遭わないためにも、対策をしっかりとしましょう。

 

アスベストを吸って病気になった場合は、労災給付や石綿救済法の活用を!

■労災給付

・労働保険(特別加入も含む)に加入しているときに、アスベストを扱った仕事をしていた人が対象です。

・現在は労働保険に加入していなくて一人親方になっていても、過去、労働保険に入っていた時にアスベストの作業をしていた場合は対象です。

・対象の病気は中皮腫、石綿肺など、アスベストが原因のものです。

★給付には療養補償(医療費)、休業補償などがあります。

★休業補償は現在働いていなくても、過去に労働者として働いていた時の給与を計算し、これを基準に補償が出ます。

 

■石綿救済法 過去ページここをクリック

 

アスベスト検診を受けて 病気を早く見つけて悪化を防ごう

 肺がんの原因がアスベストだったとしても、それを診断できる医療機関はまだほとんどありません。専門の病院で、アスベストによる異常がないか、しっかりと検査をしましょう。

■レントゲン写真の再読影

 過去の健康診断などで撮った胸のレントゲン写真(またはデータ)を医療機関に送って、アスベストによる異常がないか診てもらう方法です

■精密検査(レントゲン・CT)

 医療機関で直接レントゲンやCTを撮ります

お問い合わせはこちら

0120-22-0000

トピックス トップに戻る