0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

トピックス

助け合いの民商共済 「健診でガンが見つかった!」

2020.09.11

民商では、「仲間どうし助け合う」という民商理念のもと、民商共済をつくり、自営業者のいのちと健康を守る活動を行っています。新型コロナウイルス感染症の広がりをきっかけに「健康」への関心がいっそう高まっています。民商に入会して、助け合いの民商共済に入りませんか?

【民商共済の5つの魅力】
①無条件で加入できる
民商会員と配偶者は年齢を問わず、入院・通院中でも加入できます。 会費は月1,000円です。無条件加入は民商共済ならでは!  ※詳細の制度はこちら

②いのちと健康を守る助け合いを重視
からだが資本の中小業者にふさわしい、いのちと健康を守る助け合いを重視しています。
「早期発見・早期治療」のために、集団健康診断を行っています。

③自前の共済
 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」加入者どうしで毎月会費を出し合い運営する自前の共済です。

④心かよう仲間がいる
 「目くばり、気くばり、心くばり」で、家族や商売、健康のことなど、なんでも話し合える場を作っています。 仲間が身近にいることほど、心強いことはありません。

⑤仲間が増えれば、どんどん発展
加入者を増やしながら、共済制度の内容も発展させてきました。
(例)入院見舞金 連続5日以上の入院→連続3日以上の入院(初日から1日あたり3千円)。集団健診活動助成金500円→2000円に増額中など。


民商共済会では、3密を避けながら「健康診断活動」に力を入れています。
地域の医療機関と連携して、定期的に開催しています。大腸がん検診や婦人科検診なども行っています。毎年、府下3000人を超える会員が受診しています。 民商の健診を受けた結果、異常が見つかり入院・手術をして助かったという話も出てきています。その中から会員の声を紹介します。

「大腸がん検診で直腸がんが。早期発見で助かった!」    八尾市・運送業 
民商の大腸がん検診で直腸がんが見つかり、早期発見、入院・手術をしました。

民商の会員仲間から「大腸がん検診を受けておいたほうがいいよ」と勧められ、受診することにしました。すると後日、医療機関から「急いで病院で検査を受けたほうがいい」と電話連絡がありました。


近くの病院で内視鏡検査をしたところ、見つかったのは数センチの大きなポリープ。自覚症状もなく、「見つかっても数ミリの小さいものだろう」と思っていただけに、写真を見たときには、とても驚きました。
健康診断は絶対に受けるべきです。実際になってみたから余計にわかります!

 

お問い合わせはこちら

0120-22-0000

トピックス トップに戻る