0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

トピックス

2022.07.26

高すぎる国保料の負担に困っていませんか?売上が前年比で3割以上減少する見込みがあれば、コロナ減免の対象となります。制度を活用し、商売・暮らしを守りましょう。 国保料のコロナ減免とは―自営業者の場合―※給与収入の場合は下線部を「給与」に、不動...

続きを読む

2022.07.22

 取引先から「インボイスを登録するように」と言われていませんか? なかには「登録しなければ消費税分を払わない」「取引をしない」と強要される事例も。不安が広がるなかで、民商は学習会を開き、インボイス中止の運動をすすめています。 東大阪東部民商...

続きを読む

2022.07.20

「大阪府に求められて何度も追加資料を出したのに、不支給の通知が届いた。納得できない」「大阪府に不支給の理由を問い合わせしたが、『結果は覆らない』としか言われない…」飲食店から時短協力金の相談が増えています。 府から届いた「不支給決定通知」に...

続きを読む

2022.04.27

コンビニエンスストア・ミニストップ(業界4位)の新契約が、独占禁止法が禁じる「優越的地位の乱用」に当たるとして、加盟店のオーナーが公正取引委員会に調査を要請しました(詳しくは全国商工新聞 写真上:4/4付、写真下:4/25付)。 以前よりコ...

続きを読む

2022.03.29

北河内地域で喫茶店を営む民商会員のOさんは、商売を始めて45年の大ベテランです。Oさんのお店の営業時間は朝3時~15時。タクシードライバーを相手にしているため、早朝からの営業が特徴です。 昨年1月、大阪府から「5時~20時」という時短要請が...

続きを読む

2022.03.22

■各民商で事業復活支援金の事前説明会が開かれています。「自分も対象になるか知りたい」と初めて申請する人や、一時・月次支援金を受けた人も「どんな資料を用意すれば?」と参加しています。 ■大正民商では2月から毎週「説明会」を開催し、これまで...

続きを読む

2022.03.18

全業種で売上30%以上減少が対象となる事業復活支援金の申請が始まっています。申請するには売上台帳や請求書など2018年11月から対象月まで揃える必要があり、準備が大変…(ただし「一時・月次支援金」を受給した人は省略可能)。民商では「申請に必...

続きを読む

2022.03.15

◆2022年1月に「建設アスベスト給付金」制度が創設されました。建設現場で働き、中皮腫・肺がん・石綿肺などアスベストによる病気の方やご遺族に対し、一定の要件を満たす場合に国が給付金を支給する制度です。症状等に応じて550~1300万円の給付...

続きを読む

2022.03.11

 3/11、重税反対統一行動が全国各地で取り組まれました。大阪府下でも感染対策の工夫をしながら40か所で開催。サイレントデモや消費税・インボイスの講演など、各地域で「消費税引き下げ、インボイス中止!」「中小業者に十分な補償を」「平和でこそ商...

続きを読む

2022.03.10

民商では毎年1~3月に班会で会員どうし集まって申告書の作成を行っています。今年の班会では飲食店の会員から「えらいこっちゃ!」の声が多数出されました。協力金が課税とされているためです。  豊中民商の班会では「税金が高くなって払えるか心配」「所...

続きを読む