0120-22-0000

悩みヅッキリ 笑顔で商売

悩みヅッキリ 笑顔で商売

トピックス

2020.09.11

民商では、「仲間どうし助け合う」という民商理念のもと、民商共済をつくり、自営業者のいのちと健康を守る活動を行っています。新型コロナウイルス感染症の広がりをきっかけに「健康」への関心がいっそう高まっています。民商に入会して、助け合いの民商共済...

続きを読む

2020.09.08

9月4日、大阪市対策連絡会議として大阪市国保課と交渉しました。最初に、国保料コロナ減免の決定数を確認すると、7月末時点で約1.1万件とのこと。国保加入世帯(41万世帯)の2.6%とは、あまりに少なすぎます。 全額免除  8,515件一部免除...

続きを読む

2020.09.04

 大阪府議会に続き、昨日(9月3日)大阪市会でも、政令指定都市・大阪市を4つの特別区に解体する大阪「都構想」の協定書案が議決されました。4分割される特別区は財政上大きな問題を抱えています。その問題点を糊塗するために、副首都推進局はまやかしの...

続きを読む

2020.08.26

 大商連青年部協議会(大青協)は8/5、持続化補助金(コロナ特別対応型)の学習&交流会を開催し、40人が参加しました。ZOOM配信にも挑戦し、20人がオンラインで視聴しました。 持続化補助金は従来からの「一般型」に「コロナ特別対応型」が新設...

続きを読む

2020.08.21

 民商は、その中小業者や自営業者の生活と権利を守り70年、そして、『平和でこそ商売繁盛』と平和運動にも力を入れてきました。戦後75年の今年は、世界各地で「平和の波」行動が行われ、民商・大商連も他団体と一緒に「戦争反対」「核兵器廃絶を」と宣伝...

続きを読む

2020.08.18

 維新は11月1日に都構想・住民投票を実施予定。公明党を抱き込み準備を進めています。コロナ禍の大変な時期に、準備も含めて貴重な職員・財政・時間を浪費するなど許されません。都構想というのは大阪市を廃止し、4つの特別区に分割することです。市民の...

続きを読む

2020.07.17

7/14から家賃支援給付金の申請受付が開始されました。概要は下記の通りです【給付対象】新型コロナウイルス感染症の影響で一時的に売上が減少し、次の(1)または(2)に該当する中小企業・個人事業者等である賃借人(かりぬし)。(1)5月~12月ま...

続きを読む

2020.07.17

小規模事業者持続化補助金《一般型》【制度主旨】小規模事業者が直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大等)等に対応するため、販路開拓の取組み等の経費の一部を補助 *小規模事業者:従業員20人以下(宿泊、娯楽業を除く商業・サービス業は...

続きを読む

2020.07.15

八尾民商では毎年国保料の分納申請に取り組んでいます。今年は6月18日に分納申請を行い3人が参加しました。その中でTさん(66歳・建設)、Nさん(52歳・製造)が国保料のコロナ減免を申請、全額免除獲得となりました。 Tさん「減免申請書...

続きを読む

2020.07.10

新型コロナ感染症への対応で、国保加入者にも傷病手当金を国が給付することになりました。新型コロナ感染症に感染した「被用者(雇われている人)」が傷病手当の支給の対象で、この中には、自営業で家業に携わる家族従業者も含まれます。(青色・白色の申告の...

続きを読む